Kブログ

皆さんこんにちはKです!私は今、大学生をしています。私のブログに訪問していただきありがとうございます。私のブログではおすすめの商品やサイトなどを紹介していきます。大学生だからこそ紹介できることもあると思うので、色々書いているのでぜひ読んでみてください!

【塾なし】英語の点数が伸びる!他の教科と両立する勉強法!①

目次

初めに。

今回の紹介は学生だけでなく、社会人の方にも参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

 英語ばかり勉強できない!!

英語ばかりを勉強することは、専門的に英語を勉強している方でない限り、中学生、高校生は他にも勉強しなければならない教科もたくさんあり、部活もあるためなかなかひとつの教科に集中的に勉強時間を使うことは難しいのが現状ですよね。

 

 私自身も中学生の前半の頃、部活もあり、それに重なり、勉強嫌いということもあり、塾に頼って無理やり勉強していました。

 

高校では英語の塾には行かず、短い時間の勉強の継続でどんどん点数も取れるようになり、受験に間に合う勉強ができたと思っています。

 

(高校では私は理系だったので、理系科目を中心に勉強する意向があったために英語に多くの時間が使えませんでした😅)

 

実際に高校入試でも9割、大学入試前のセンター試験でも9割を取れました!

高校3年生では一番得意な教科は英語と自信を持って答えられるようになりました。

 

そんな私が継続した英語の勉強法を紹介します!

 

今回は英語にばかり勉強時間を使えない方向けです。

 

勉強のモチベーションの保てない方はぜひコチラをご覧ください。

#11 【受験勉強】受験生必見!合格の秘訣!モチベーションを保つには? - Kブログ

 

まずはどれぐらい英語を読めるか知る!

まず初めにすることは自分の実力を知ること!

 

これは例えば,になるんですけど高校生ならセンター試験の過去問題の英語の文章を、中学生なら過去の高校入試問題の英語の文章を時間を計って読んでみてください。

 

わからない単語、構文があっても飛ばして読んでみてください。

できればわからない所に下線を引きながら。

 

これは学年にもよりますが、下線の量は文章の理解度に大きく関わってくると思います。

 

また、英語の単語を見た時、その意味が分かる時間も早い方が文章を早く読めますよね。

 

今回は英単語の意味を早く思い出せるような勉強法も紹介していきます。

同じ教材を何度も!私が使った教材2選!

英単語の学習には「システム英単語」を使いました。以下シス単。色々なレベルがあるのですが、私は最も高いレベルのものを使っていました。

 

これは大学受験において、全てを網羅しておくことで大きく苦しむことなく文章を読めると思います。

 

構文、つまり英語の文法、語法の学習には「Next Stage」を使いました。以下ネクステ。

 

この本では語法や文法などを1文の英文を使って解説されています。

 

この本の中の文法を使った1文によく似た文章がテストでもよく使われているんですよね。

 

さらに、間違えやすい単語のアクセントや発音の一覧もまとめてくれていたりと親切だらけです!

 

非常によく研究して作ったものなんだなって当時、すごく思いました。

 

正直、高校時代に英語の文章問題の勉強に使用した教材はこの2つだけです。

 

この2つ以外にも学校で全員が購入した教材もありますが、正直ほとんどしなかったですね。。😅

英語の勉強時間は1時間以内!

これは私の場合ですが、英語の勉強時間は受験生の時、つまり高校3年生のときには毎日1時間ほどしていました。

 

ほぼ毎日継続的に。

しかもほぼ同じ時間帯に。

 

私は高校時代、電車で通学していたのですが、その電車に乗っている時間にシス単をしていました。時間にして30分ほど。

 

そして、夜帰って寝る直前、ここでは30分ほどネクステをしていました。

 

これだけでテスト中苦しまないと思えば簡単なことだと思うのですがいかがでしょうか?

 

短い時は20分ぐらいの時もありました。

 

ほんとにこの方法めちゃめちゃ伸びます!

 

文章の理解度と読むスピードが格段に向上し、しかも、その1日の1時間の勉強も意外と楽しくなってくるんです(笑)

 

初めは苦しいかもしれませんが、毎日継続できる時間、内容を考えて、実践してみてください!

 

ちょっと長くなりそうなので、続きは次回に。

次回の記事はコチラから。

#14 【塾なし】英語の点数が伸びる!他の教科と両立する勉強法!② - Kブログ

 

Twitterもしているのでよろしければフォローよろしくお願いします!

 

 

それではまた。。